目次
1・ゴルフで100を切るのは簡単?

2・無料のゴルフ情報を使う

3・100を切るゴルフとは

4・最近のゴルフ事情について

5・TOPページ



ゴルフで100を切るのは簡単?

最近はゴルフ人口もバブルの頃に比べると少なくなっているようです。

しかし、ココ数年前から女子ゴルフ界は若い世代が活躍し出し、昨年の賞金女王の上田桃子さんもその一人ではないでしょうか。

男子の世界を見ると昨年アマチュアで優勝した石川りょうくんではないでしょうか。流行語大賞にも選ばれたハニカミ王子ですね。

今年に入ってからプロ宣言も飛び出し、今後も注目の一人ではないでしょうか。

そのように昔とは違ったゴルフブームの予感がしますが、アマチュアである我々も少しでもいいスコアで上がれれば、自分自身満足感に浸れて楽しい気分になりますね。

まずは、第一の壁である100を絶えず切る事を目標としている方も多いと思いますが、簡単に100を切ると言ってもまぐれや偶然が重なって切る事はあっても、絶えず100以下に抑えようとすればそれなりの技術が必要です。

基本的なことは頭で理解していても、実際身体がイメージしたとおりに動いてくれなければ何にもなりませんので、同じ練習をすると言っても身体事態に覚えこませるような練習方法が必要となってきます。

今回取り上げていますこの練習方も初心者の方でも理解しやすく、覚える点も少なくてすむと言う効果的な練習法の一つだと思います。

努力なくして成果無しと言いますので、目標を決めて挑戦しましょう。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:上達 ゴルフ

無料のゴルフ情報を使う

ゴルフに関する解説書や雑誌などは多く出ていますが、購入して読んでみても難しかったり、レベルが高く自分には合わなかったりしてなるほどな〜で終わってしまっていませんか?

そのように無駄なお金を使わなくとも、ネットの世界では無料の冊子が多く出回っていますので、読んで大した事がかかれていなくとも実害はありませんので、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

今回このブログでも一部紹介していますので、もし、見てみたいとお考えであれば、無料冊子のアイコンからもし込んでいただけますので、お気軽にご覧になってください。

申し込みますと、直ぐ折り返しのメールが届くと思いますので、そちらの方からご覧になれます。

知らないより知っていた方がよい事、沢山あります。

そんな意味でも向上心は必要です。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:上達 ゴルフ

100を切るゴルフとは

この「100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法」の内容を少しご説明しますと、100を切れないワケ・あなたの問題点・ゴルフのうまい人ってどんな人?・楽しいゴルフとは?などごくごく一部ですが解りやすく解説されています。

次に、ゴルフ上達の為のマル秘基礎がその1 その2と解説されていて大いに参考になるのではないでしょうか。

私自身も時間を見つけては練習していますが、上達しそうな予感が漂っています。

しかし、頭の中の理屈で分かっていても身体が覚えなければどうにもならないので、実際に身体を動かしてナンボだと思いますので身に付くまでは何度も反復練習をすることは必要ですので、イメージと身体が一体になるまで頑張りましょう。

マニュアルを読み進めてゆくと、どんどんのめり込んで行ってしまい時間の経つのも忘れてしまう思いで、最後まで一通り読み進めました。

一度どのような内容かを一通り確認して、今度はもっと深く理解できるように何度も同じ箇所を読むことにより、理解できそれを実践するだけですので、何だか楽しい気分になりまた、気持的にも上達した気分になるので不思議ですネ!

ストレスのない楽しいゴルフを楽しみませんか?


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

タグ:上達 ゴルフ

最近のゴルフ事情について

近年ゴルフ場も経営方針が変わってきて、デラックスでゴージャスなイメージのゴルフ場から、お手軽に何方でもリーズナブルな金額でプレーが出来る環境へと変わってきています。

これは何方でも実感して見えるのでは?

一般ゴルファーにとってはありがたいことですし、ゴルフを楽しむ環境が良くなり幅広い方にも受け入れられるのではないでしょうか?

バブル時にはクラブハウスも大変ゴージャス、料金面についても高額で2〜3万円が相場でしたが、最近はセルフプレーで6千円台で楽しむことの出来るゴルフ場も多くなってきていますので嬉しい限りです。

このように、手軽にリーズナブルな料金で楽しむことが出来ますので、自分の身体の運動を兼ねコミニュケーションの場も設けることが出来ますので、楽しみながらリラックスして利用したいものです。

でも、楽しむと言っても自分だけ楽しければよいと言うものではなく、紳士的なスポーツらしく同伴者や後続の組の方に迷惑となるような行為ではいただけませんので充分モラルやマナーは守りましょう。

何を行うにしても常識やモラルが基本、日常生活の中でも同じことが言えると思います。

楽しいゴルフを心がけましょう。

そして、スコアがよければもっと楽しい!!


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:上達 ゴルフ

ゴルフスイングの常識と非常識

・ アドレスはひざを曲げて、腰を落として構えろ

このアドレスも良く聞くことですが、プロやアマチュアでもハイレベルの人がそういう風にアドレスし
ているでしょうか。
よく練習場で見かけるゴルファーには、ひざを大きく曲げてアドレスしている人を見かけますが、なに
か勘違いされていると思います。私はひざをまっすぐ伸ばして、わずか1センチか2センチぐらいひざ
頭を前にだすくらいに構えています。特にパターなどで大きくかがんでいる人を見かけますが、ショー
トパットではひっかけがでたり押し出しがでたりするのではないかと思います。


・ 左右の肩は水平にまわせ

連続 写真で見ると、私もふくめて大きく右肩を落として打っています。なにに対して水平に肩を回せと
言っているのかわかりませんが、いずれにしよインパクトでは右肩はさがっていてあたりまえだと思い
ます。多分スイングプレーンに対して水平ということと思いますが、そうだとするとショートアイアン
ではアップライトなスイングプレーンになり、右肩は左肩より下になります。


・ クラブはアップライト、またはフラットに振れ

ベンホーガンの「モダンゴルフ」では、アップライトかフラットはクラブによって決まると書かれてい
ます。スイングのトップではボールと首筋を結んだ延長線上にクラブを振り上げますので、長いクラブ
のドライバーであればフラットになり、ショートアイアンではアップライトなスイングに見えるだけの
ことではなしでしょうか。身長によってもアップライトに見えたり、フラットスィングに見えたりもす
ることでしょう。


・ スイング中は頭を動かすな!

ん〜!これはなんとも言えないのですが、頭を動かさずにボールを遠く飛ばすってたいへん難しいです
よね。特に私は体が堅いので、テークバックでは上体を右に傾けます。同じように頭も右に傾きますが
、トップからは傾いた頭を動かさずに振りぬく意識です。常識なようで、なんとも良くわからない常識
です。ベンホーガンの「モダンゴルフ」では、動かすなと書かれています。

先日のゴルフ

久々に先日ゴルフに行ってきました。

自宅から近いという事もあってパー62の、ショウとミドルしかないコースですが全体的に横幅がなく、
フックやスライスなどすると直ぐOBとなってしまうようなコースですので、なめて掛かると大たたきが
待っています。

料金的にも平日なら5000円でラウンドできますので、リーズナブルな設定ですので気軽にラウンドでき
ますし、何より良いのは、予約無しでいきなり行ってプレーができてしまう所です。

ですから、仲間数人と予定しておいて当日雨であれば、今日はやめようか〜!となり融通が利きますので
、キャンセル料の心配もなくお手軽です。

スコアのほうはアウト44、イン41の85でラウンドしましたが、いつもの如くあれがなかったらとか、あ
のパットが入っていればとかの、タラレバでしたが、久しぶりのゴルフだと考えればこんなもんかと思
っています。

余りスコアに拘りすぎると、折角楽しみできている気分も害してしまいますので、気楽にノビノビとラ
ウンドできたほうが精神衛生上にも良いかと思います。

仲間と一日楽しくラウンドできましたので満足しています。

夜も程よい疲れできっと良く眠れる事でしょう。

ゴルフが下手なのはクラブのせい?

ゴルフ上達への道は、たくさん練習することと、コースで実戦を積むこと、そして基礎となるのが「自
分に合ったクラブを選択をしているか」ということです。これからクラブを買う方も、すでに持ってい
る方も、振り返りたいポイントです。

最新のクラブを買ったのに、なかなかスコアアップにつながらないという声をたびたび聞きます。また
、始めて間もないゴルファーの中には、友人や親からクラブをもらったり、安いからとりあえず買った
など、これはいずれも「クラブに自分を合わせている」ケース。自分の特徴に合ったものでなければ、
ズレが起きているのです。

みなさんのクラブ選びのポイントは何ですか? 飛距離、ブランド、有名プロが使っているなどでしょ
うか。それも正しいですが、まずは専門のスタッフがいる練習場やショップで試打をして、クラブフィ
ッティングをしてもらってください。

これだけ市場にスペックごとの多様なクラブが出てくると、知識があまりない状態で選ぶのは難しいも
のです。スイング診断、クラブからシャフトまでレクチャーを受け、自分になじむクラブを見つけてく
ださい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。