目次
1・ゴルフで100を切るのは簡単?

2・無料のゴルフ情報を使う

3・100を切るゴルフとは

4・最近のゴルフ事情について

5・TOPページ



ゴルフスイングの常識と非常識

・ アドレスはひざを曲げて、腰を落として構えろ

このアドレスも良く聞くことですが、プロやアマチュアでもハイレベルの人がそういう風にアドレスし
ているでしょうか。
よく練習場で見かけるゴルファーには、ひざを大きく曲げてアドレスしている人を見かけますが、なに
か勘違いされていると思います。私はひざをまっすぐ伸ばして、わずか1センチか2センチぐらいひざ
頭を前にだすくらいに構えています。特にパターなどで大きくかがんでいる人を見かけますが、ショー
トパットではひっかけがでたり押し出しがでたりするのではないかと思います。


・ 左右の肩は水平にまわせ

連続 写真で見ると、私もふくめて大きく右肩を落として打っています。なにに対して水平に肩を回せと
言っているのかわかりませんが、いずれにしよインパクトでは右肩はさがっていてあたりまえだと思い
ます。多分スイングプレーンに対して水平ということと思いますが、そうだとするとショートアイアン
ではアップライトなスイングプレーンになり、右肩は左肩より下になります。


・ クラブはアップライト、またはフラットに振れ

ベンホーガンの「モダンゴルフ」では、アップライトかフラットはクラブによって決まると書かれてい
ます。スイングのトップではボールと首筋を結んだ延長線上にクラブを振り上げますので、長いクラブ
のドライバーであればフラットになり、ショートアイアンではアップライトなスイングに見えるだけの
ことではなしでしょうか。身長によってもアップライトに見えたり、フラットスィングに見えたりもす
ることでしょう。


・ スイング中は頭を動かすな!

ん〜!これはなんとも言えないのですが、頭を動かさずにボールを遠く飛ばすってたいへん難しいです
よね。特に私は体が堅いので、テークバックでは上体を右に傾けます。同じように頭も右に傾きますが
、トップからは傾いた頭を動かさずに振りぬく意識です。常識なようで、なんとも良くわからない常識
です。ベンホーガンの「モダンゴルフ」では、動かすなと書かれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。